バイアグラにはジェネリックがあります!全く同じ成分が含まれているので効果に関する心配はありませんし価格も半分以下で購入できます!ですが副作用なども当然ありますので、使用上の注意などを含めた紹介をこちらでしています。

ED治療薬の偽造薬には注意しよう

インターネット通販ED治療薬の偽造薬が出回っているようです。原因は、インターネットの通販にあります。
日本では、偽造薬はもちろん、正規のED治療薬もインターネットの通販で販売をすることは禁止されています。
医師の診断を受けて、病院で処方をしてもらわないと、ED治療薬は入手できないようになっています。

すなわち、インターネットの通販でED治療薬が売られていたら、そのサイトは違法な業者が運営しているということになります。
偽造薬に気をつけることはもちろん、詐欺や個人情報の流出などにも気をつけておきましょう。

しかし、インターネットで薬が売られていても、合法であるケースがあります。それは、個人輸入という方法がとられている場合です。
薬を海外から輸入をして、それを業者が代行するという方法がとられている場合には、違法ではありません。
しかし、限りなくグレーゾーンに近い行為なので、やはり怪しい業者も多く存在しています。

個人輸入代行をしている業者がすべて悪質というわけではありませんが、売られている薬の6割くらいは類似品や偽物が出回っているようです。
また、海外の工場では、ゴキブリが工場内を徘徊しているなど、衛生面で好ましくないという意見もあります。

インターネット通販を利用すると、かなり安く手に入れられることが魅力ですが、偽物をつかんでしまうだけでなく、健康に被害が出てしまったら、デメリットのほうが大きくなってしまいます。
なるべくED治療薬は病院で処方をしてもらったものを飲むようにしておきましょう。
病院で処方をしてもらった薬は、ほぼ100%が正規品であることもメリットですが、医師が責任を持ってくれるということもメリットです。

もしもその薬を飲んで、身体に異常が出たとしても、医師が責任を持って対応をしてくれます。
インターネットで入手した薬を飲んで、身体に異常が出たとしても、その病院の責任ではありませんので、充実したサポートは受けられないこともあります。

少なくとも、最初のうちは病院で処方をしてもらった薬を飲むようにしておきましょう。
最初に正規品を飲んでおかないと、もしもインターネットで偽造薬を手に入れてしまったとしても、「こんなものなのか」と、偽物であることに気がつかないというケースもあります。

偽造薬の中には、成分の含有量が少ないだけで、本物に近い効果を持っているものもあるようです。
最初に正規品を飲んでおくことで、見た目や効果を比較して、偽物であることに気がつける可能性が上がります。

健康だけじゃなく個人情報の流出の可能性も

インターネットの個人輸入代行業者を利用することのリスクとして、個人情報の流出の可能性があるということもあげられます。
インターネットのサイトの中には、「海外から薬を輸入します」と書かれていても、実際には国内で安価に手に入れた偽物や偽造品を、購入者の自宅に送付するだけという詐欺業者も存在しています。

そういった詐欺業者では、手に入れた個人情報を、裏で流してしまうこともあるようです。
違法な業者というのは、裏でつながりがありますので、個人情報が流出してしまう可能性はかなり高いです。
また、今の時代は個人情報に高い価値がついていますので、なおさら注意が必要です。

違法な業者というのは、短期間でサイトを作成して、閉鎖するということを繰り返しています。
新規で作成したサイトで、半年~1年くらい営業をして、ある程度の利益が得られたら、警察に目をつけられたり、トラブルになったりする前に、サイトを閉鎖してしまいます。

サイトを閉鎖する時に、手に入れた個人情報が流出してしまう可能性が高くなります。
会社が潰れてしまっていて、住所などもわからなければ、裁判をすることもできないので、泣き寝入りになってしまうでしょう。
インターネットの個人輸入代行業者を利用する時には、十分に注意をしなければなりません。