バイアグラにはジェネリックがあります!全く同じ成分が含まれているので効果に関する心配はありませんし価格も半分以下で購入できます!ですが副作用なども当然ありますので、使用上の注意などを含めた紹介をこちらでしています。

EDの原因とは一体!?

EDで落ち込む男性EDの原因は、大きく分けると器質性と心因性、薬剤性があります。

器質性EDは、物理的な身体の障害が原因で引き起こされるタイプのEDになっています。血管や神経、内分性のものなどがあり、さまざまな症状によって、対策をしていくことが重要になっています。
血管に関する器質性EDは、ペニスの海綿体の動脈硬化や、体の手術をしたことによる血流障害などがあります。
神経に関する器質性EDは、脳から性的刺激を受けた際にペニスに伝えるための神経に障害がある場合に起こります。
主な原因として、一般的には「脳血管障害やパーキンソン病による中枢神経の障害」、「脊髄損傷による脊髄神経の障害」、「膀胱がん摘出手術、前立腺がん摘出手術などによる抹消神経の障害」の3つのものが神経に関する器質性EDの要因になることが多くなっています。
内分泌性の器質性EDは、男性ホルモンのテストステロンの分泌が少ないことによって生じます。
テストステロンの分泌が少ないと、勃起や射精などを促進するドーパミンが増加したいため、EDになります。

心因性EDは、ストレスや不安、うつの症状などによって起こるEDのことを意味しています。
心因性EDは20~30代の男性に多いことが特徴的であり、睡眠不足や過労などの仕事が原因のものが多くなっています。
他の原因として、性交渉をした際の失敗体験などが脳裏に思い浮かび、また失敗してしまうと思ってしまうことによってもEDの原因になります。
そのほかの心因性EDには、心の奥底にある深層部分に関することも要因になることがあり、幼少期における心的外傷体験などが原因のこともあります。

薬剤性EDは、EDの人の原因の中で最も多いものになっています。
全体の4割近い人が薬剤性EDであるというデータもあり、飲んでいる薬をチェックすることが重要になっています。
精神安定剤や抗うつ薬・睡眠薬・向精神薬などは、神経に影響を与えるものであるため、性的興奮を脳からペニスに伝えていくことに影響することが多く、薬剤性EDの原因になっていることが多いです。
また、高血圧などの薬もEDの原因になることが多く、勃起に必要な血液をペニスに流しにくい状態になってしまうことがEDの要因になっています。
そのため、何か薬を飲んでいる際には、病気を治療してもらっている医師などに相談することが重要になっています。
また、薬局などで購入が可能な常備薬もEDの原因になることもあるため、薬の使用説明書に書かれている副作用をチェックすることも大切です。

若い人に多いのは心因性のED

心に不安を抱えることによって起こる心因性EDは、若い人に多く見られる症状になっています。心因性EDは、日常的なストレスで起こります。
失恋や離婚、夫婦の不仲、男性器へのコンプレックスなどの性的なものに関係することだけではなく、仕事でのストレスなども原因になるため、ストレスをため込まないようにすることが重要になっています。
また、最近増加している心因性EDの原因には、子作りをし続けても子供を授かることができないストレスなどによるものや、結婚を機にセックスがうまくいかなくなってしまうようなものもあります。
時代によって、さまざまなことが影響してEDになってしまうため、心の健康状態を保てるようにしていくことが大切になっています。

心因性EDは、若ければセックスができて当然という思い込みから生まれることも多くなっています。
セックスをするときに、体調が悪くても勃起することが当然だと考えていることによって、勃起しなくなったときに、男性としての自信を失うことによって、セックスをするたびに不安に感じてしまう男性が心因性EDになることが多くなっているため、失敗をすることもあるという考え方を持つことなども重要なことになっています。