バイアグラにはジェネリックがあります!全く同じ成分が含まれているので効果に関する心配はありませんし価格も半分以下で購入できます!ですが副作用なども当然ありますので、使用上の注意などを含めた紹介をこちらでしています。

高血圧とEDの関係

高血圧の男性年齢を重ねていくと徐々に高血圧になってしまう人も多いですが、男性の場合はそれがきっかけとなりEDを引き起こしてしまうケースもあります。
高血圧の状態としては血液の流れが悪くなってしまい、血管抵抗が高くなってしまうことです。それにより血管内で血液が流れる際により強い心臓の収縮が必要になってしまいます。
その原因は様々ですがその一つに血液状態の悪化と血管の柔軟性の低下があげられます。

血液状態の悪化については加齢に伴い内臓機能の低下が起こり、血液のろ過機能が徐々に低下していくケースがあります。
またもし内臓機能はしっかりしていても食生活や慢性的な水分不足などにより血液がどろどろの状態にある方も多いです。血液がどろどろになると自然と血流も悪くなってしまいます。

次に血管の柔軟性について、血管は年々その柔軟性を損なってしまいます。
また不健康な状態が続くことでもそれを引き起こしてしまいます。

EDの原因の一つには血液の循環不良があげられます。男性器の勃起は陰茎に通常以上の血液が流入することでその大きさを増していきます。
しかし血液の状態が悪く、血流も悪いと自然とそれは起こりにくくなります。そのため高血圧を治療することで改善するケースもあります。

改善方法としては降圧剤を使用する方法もありますが、薬に頼らずに個人での取り組みを行うことがED改善を図る上でもお勧めといえます。
取り組みの方法としては食生活の改善や適度な運動などがあげられます。

高血圧の原因の一つに食生活の乱れがあげられます。
特に脂分の多い食事や野菜の不足に加えて水分不足が重なることで血液状態が悪くなってしまいます。
また水分に関してはお酒を飲んで補給している人も多いですが、お酒には利尿作用があり飲むほどに水分を失ってしまいます。
またお酒以外にも飲み物によっては不純物を含む者も多い為、お茶か水を積極的に取り込むことがポイントとなります。

運動に関しては運動不足により血行不良が悪化してしまうことが多いです。
また筋肉を使わないことで心臓の過度の収縮での血流促進の割合が増えてしまい、かえって負担を掛けてしまいます。
そのため運動をして体質改善を図りつつ、心臓への負担も軽減することで高血圧改善を図ることができます。
また運動自体は高血圧とは別にEDの改善に効果を示します。そのため結果的にEDに対して働きかけてくれます。

高血圧は身近な疾患ですが、それにより様々な影響を及ぼしてしまいます。
そのためしっかりと改善を図り、EDの治療も進めていくことが大切となります。

降圧剤がEDを引き起こす場合も

高血圧を改善することでED改善にもつながります。しかし降圧剤を用いることでかえってEDを引き起こしてしまうというケースもあります。

降圧剤の作用メカニズムにもいくつかあり、一つに利尿作用があります。
利尿を促進することで血液の流れる量を少なくすることが出来、より少ない心臓の負担で血液循環が可能となります。しかしそれにより血液の粘性も高まってしまい、男性器への血流は損なわれやすくなります。

また別の作用メカニズムとしてはあえて心拍出量・心拍数を減らすという方法もあります。
一回の送りだされる血液量と頻度が減ることで自然と血管への負担も減り、高血圧自体は改善されます。しかしそれにより男性器へ本来送られる分の血液量も減ってしまうという可能性もあります。

降圧剤には以上のような副作用もあり、EDを進行させてしまう可能性もあります。
そのためEDに対しての副作用を抑制する上でも体質改善から高血圧を改善していくことや、降圧剤とは別にED用の薬を用いて改善を図るという手段もあり、副作用を抑えつつ高血圧もEDにも働きかけが可能となります。

以上のことからも高血圧は身近な症状ですが、EDを引き起こす要因となります。
その改善を図る上でもメリット・デメリットを考えて方法を選択していくことが重要となります。