バイアグラにはジェネリックがあります!全く同じ成分が含まれているので効果に関する心配はありませんし価格も半分以下で購入できます!ですが副作用なども当然ありますので、使用上の注意などを含めた紹介をこちらでしています。

意外!?うつ病とEDには関係があった!

うつ病を抱える男性うつ病や双極性障害と言われるような気分障害の患者というのは、2008年頃には全国で100万人を超える規模になっています。
厚生労働省を中心に健康提言が行われはじめ、その結果若干の減少傾向へと移行していますが、自分で意識していない方や自覚していたとしても医師の治療を受けていない潜在的な患者の数はかなりの数になる事が予想されています。
うつ病は様々な合併症を引き起こすことが最近の研究でわかるようになりました。合併症の主な症状の一つがEDです。

うつ病とEDとの関連性が指摘されはじめたのは1970年代後半で、1990年代後半になるとED患者がうつ病患者である確率が非ED患者に比べると2.6倍であると報告されています。
EDとは大まかにいくつかに分けられ、身体的な機能不全からおこる器質性EDと精神的な要因によっておこる心因性ED、器質性と心因性EDが混ざっている混合性ED、最後に薬の作用によって引き起こされる薬剤性EDがあり、うつ病はそのいずれによっても合併症となる可能性があります。

うつ病とは、その名前からもわかる通り常に憂鬱な気分が駆け巡り、何事に対しても意欲がわかない状況になります。
意欲が減退するという事は性欲的な減退にもつながります。これが心因性の代表的な例となります。
この場合、加齢や病気などによる動脈硬化が進行していないような若年層にも見られますので、器質的な原因が見つからない場合が少なくありません。
勃起というのは、性的な興奮をする事によって脳から陰茎へとその興奮が伝えられる事によって起こりますが、うつ病の場合は性的な刺激が脳に充分に伝わっていない場合、脳からの性的刺激が伝わらず性器海綿体動脈が拡張しませんので、勃起に至りません。

バイアグラなどの薬は、血管拡張作用によって血流を増加し、勃起につなげる作用がありますが強い抑うつ状態の場合や特定の向精神薬などを服用している場合は効果が得られないケースもあります。
抑うつ気分がかなり強い場合、EDの症状にまで気を回すことができない場合が多いと思います。
逆に多少なりともEDに関して気にかける事ができるという事はうつ病のような精神不安定な状態ではないと推測され、精神症状がある程度落ち着いてきている状態ではないでしょうか。
そのような精神状態にまで改善するために、うつ病に対して自分の精神状態をコントロールすることが体質改善にもつながっていくはずです。

抗うつ薬が引き起こすEDとは

うつ病の治療に用いられる抗うつ薬、抗不安薬、抗精神病薬などの治療に用いられる薬には副作用として性機能を悪化させてしまうものも少なくはありません。
現在日本で最も用いられることが多い抗うつ薬は中枢神経系でセロトニンを増加させる事で、性的衝動に関わるドーパミンの作用を抑制すると言われています。
また射精が遅くなる作用を利用して早漏の治療などで使用される事もあります。
これまでは抗うつ薬を服用している方のED治療は難しいと考えられていましたが、バイアグラなどが認可された事により、その有効性が認められるようになりました。

ただしお互いの効果を低下させる場合もありますので、併用する場合は検討が必要です。
薬剤性の場合、単純に服用している精神薬を服用しなければ問題はなくなるのですが、原因があるからその薬を服用しているわけですので、状況を鑑みながら精神薬の服用量を減らすなどの調整を行わなければなりません。
薬の調整に関しては必ず受診した病院で相談するべきです。
自己判断で勝手に薬の服用の調整や中止をするとそのほとんどの場合良い結果にはつながりません。
その為必ず主治医の先生との相談が必要不可欠になり、体調を一番に考えなければなりません。