バイアグラにはジェネリックがあります!全く同じ成分が含まれているので効果に関する心配はありませんし価格も半分以下で購入できます!ですが副作用なども当然ありますので、使用上の注意などを含めた紹介をこちらでしています。

女性にも効果が!?バイアグラの副効用

バイアグラについて説明している医師バイアグラと言えば、男性の勃起に作用するED 治療薬として大きく認識されていると思いますが、副効用といして血管を拡張する効果としては男性だけでなく、女性でも得られます。医学的や心理学的に検証されているわけではありませんが、最近の臨床実験などの結果を見ると女性にも効果がある事が証明されつつあります。
ある研究結果によると、50人の女性にバイアグラを処方し、服用してもらったところ、被験者の多くに効果があり、女性器が濡れやすくなり、性欲が増進し、オーガズムを感じやすくなったと報告されています。

この研究元では、女性の性感にバイアグラが作用しているかは未確認であると発表していますが、男性のEDよりも女性の不感症の方が世界的に多いとされており、今後の研究次第で、副効用として男女問わず性欲増強薬としての効果が期待されています。

また効果はSEXだけではありません。バイアグラの副効用は老化を防止するという医学論文が日本で発表されました。
バイアグラを定期的に服用する事によって、体内の酸化ストレスが減少し、男性ホルモンが増加するという研究結果が出ました。
酸化ストレスは、体内の細胞劣化を招くと言われている活性酸素群とこれを妨害しようとする抗酸化ポテンシャルとの差を表すものであり、酸化ストレスが少なければ、老化を抑える事ができると言われています。

男性ホルモンをはじめとしてほとんどのホルモンは身体機能を改善する働きがあり、若返り効果が認められています。
最近では女性の老化防止にも男性ホルモンが有効であるという論文もあるようです。
血管拡張剤であるバイアグラを服用し続ける事によって動脈硬化などで硬くなってしまった血管が少しずつ広がるようになり、血管の老化に対して効果があるのではないかと考えられます。

バイアグラの服用効果というのは約4時間と言われていますが、効果が薄れているはずの翌日や翌々日にこれまでなかった朝立ちを経験するケースが報告されています。
これは勃起力が一時的にしても戻ってきたことを表していますので、老化防止に効果があった事がわかります。

現在、女性用のバイアグラの研究が進められており、アメリカでの認可を皮切りに、世界中で手に入れる事ができるようになってきました。
しかしまだまだ副作用など重篤なケースに発展する場合も多いため、処方に関しては医師が研修を行った上で、患者に同意書を求めるなど、極めて難しい判断が必要です。

女性は女性用のバイアグラを使ってみよう

女性に関しては、やはり男性用のバイアグラを使用するよりも女性用のバイアグラを使用するべきだと考えます。
日本で処方可能な女性用のバイアグラの一つにラブグラがあります。
ラブグラは女性用に開発をされた不感症や性的興奮障害を改善するための医薬品です。
既に存在する女性用バイアグラのジェネリック医薬品の為、通常の医薬品よりもラブグラの方が安く手に入れる事ができます。
ラブグラの効果は、男性のバイアグラと同様に、血管の拡大により血流を促進する作用があり、不感症やオーガズム不全を改善します。

服用に際して必ず副作用がある事を認識しておかなければなりません。
報告されている副作用としては、頭痛やほてり、はなづまりにめまい、動悸や胃もたれなどがあります。
またニトログリセリンなどの硝酸剤、不整脈などに使用されるアンカロン錠などとラブグラの飲みあわせは悪いとされていますので併用はするべきではありません。
またアルコールやカフェインなどとの相性も悪く、アルコールは持続効果を減少させ、カフェインは血中濃度を上昇させるので、薬の効果を上昇させすぎる可能性があります。
ラブグラの効果を正しく安全に実感する為にも、用法用量を正しく守る必要があります。