バイアグラにはジェネリックがあります!全く同じ成分が含まれているので効果に関する心配はありませんし価格も半分以下で購入できます!ですが副作用なども当然ありますので、使用上の注意などを含めた紹介をこちらでしています。

亜鉛に秘められたED克服の力

喫煙者男性の病気として知られているEDは心因性や器質性、薬剤性などの原因で発症すると言われています。
結果として十分な勃起が得られないことでいろいろなトラブルが起こります。
性行為の間に直接的に勃起を持続させるとこができる医薬品がありますが、日々の生活における生活習慣の改善や食材で改善することも可能です。
例えばメタボリックシンドロームであることや、喫煙者であること、血糖値が高いなど生活習慣の乱れによって動脈硬化になり十分な血流がえられないことで勃起しないまたは持続できないことが考えられます。
ストレスが原因となって性的刺激が脳から陰茎に伝わらないこともあります。

十分な血流を作って性的刺激が適切に陰茎まで伝えることができればEDの改善につながるはずです。
まずは適度な運動や適切な食事を心がけることです。
そして男性らしくあるために男性ホルモンを十分に分泌することも効果が期待できます。
男性ホルモンは夜寝ている間に分泌されるため質の良い睡眠が重要になります。
ストレスなどで眠りが浅いと分泌される量が減るため十分な量が確保されなくなります。

そこで期待が高いミネラルの一つとしてあげられるのは亜鉛です。
亜鉛は髪や爪など生成の元となるミネラルとして知られていますが、性生活に欠かせない精子の量や質にも大きく関わっています。
ただし体内で生成することができないミネラルなため食材から摂取しなければ不足してしまいます。
また、普段取っている食材では十分に含まれていない恐れもあります。
亜鉛が不足していると十分な精子を作ることができないことや質が悪く元気のない精子になってしまいます。

亜鉛を十分に摂取することで元気な精子を多く作ることができます。
また、勃起に関わる神経の多くが隣接する前立腺の障害を予防する効果もあります。
そして重要なのが男性ホルモンであるテストステロンを生産するのに亜鉛が関わっていると言うことです。
睡眠中に分泌されるテストステロンを分泌するときに亜鉛が足りなければ結果として不十分な状態になってしまいます。

EDの症状が見られるようなら亜鉛を多く含む食材を摂るように心がけてみることも一つの方法です。
器質性などの体の構造に疾患がある場合には顕著な改善は期待できないかもしれませんが、全体の底上げをすることである程度の効果を期待できます。
男性が男性らしくあるために必要となるミネラルとして亜鉛は重要な成分です。

亜鉛が多く含まれている食材は?

1日に必要とされる亜鉛の量は男性なら12mgで女性なら9mgとされています。
また最大摂取量は男女ともに30mgです。
効果があるからといって多く摂取して100mgを超えると意識障害を起こす危険な量になります。

亜鉛が含まれる食材として知られているのは魚介類では牡蠣、肉類ではレバーです。
豆類では松の実です。
乳製品にも含まれますが水分が多いとそれだけ濃度が低くなるためパルメザンチーズなどの凝縮されたものの方が多く摂取することができます。

それらの中でも実質的に摂取できる量を含んでいるのが、牡蠣とレバーです。
牡蠣は100gで12mgから13mgが含まれています。
量としては中ぐらいのものが5個ぐらいです。
レバーは100gで6.9mg程度含まれているので200g弱摂取する必要があります。
カキフライとトンカツなど併せて摂取するのも効果的です。

含有量が多いと言われている牡蠣やレバーでも毎日かなりの量を摂取する必要があります。
また、コーヒーは吸収を半減させることが分かっています。
亜鉛を十分に吸収するためにはこれらの食材と一緒に取ってしまうと意味がなくなってしまいます。
コーヒーを飲む前1時間から飲んだ後2時間は亜鉛の摂取をしない方がいいでしょう。