バイアグラにはジェネリックがあります!全く同じ成分が含まれているので効果に関する心配はありませんし価格も半分以下で購入できます!ですが副作用なども当然ありますので、使用上の注意などを含めた紹介をこちらでしています。

バイアグラジェネリックと併用禁止の禁忌薬

併用禁止と伝える医師ジェネリックのバイアグラとは言え、成分は正規のバイアグラと全く同じです。
また、効果効能も正規のバイアグラと全く同じです。
ですから、正規のバイアグラと使用方法や注意事項禁忌ないようは、ジェネリックのバイアグラも全く同じということになります。
ですから、ジェネリックだからと言って効果や効能、注意する内容が正規品と違うという事はありません。
ジェネリックバイアグラの基本的な使用方法は、性交を行う前に事前に服用します。

そのときに、脂っこい食事は避けたほうが無難です。
脂っこい食事によって、ジェネリックバイアグラの効果が半減します。
場合によっては、全く効かないこともあります。
これは、正規品であるバイアグラでも同じです。
基本的には、脂っこい食事だけでなく、通常の食事も控えたほうが、バイアグラの効能が出やすくなります。

または、バイアグラを飲む数時間前に食事を終わらせておくことが無難です。
更にアルコールについても注意が必要です。
アルコールを飲用してのバイアグラ服用は、非常に危険です。
心臓への負担が高くなったり、異常血圧などにより危険だからです。
次に気を付けることは、併用してはいけない薬です。
併用してはいけない薬は心臓病の薬になります。
これも同様に、正規品ジェネリック品ともに同じ禁忌になります。

また、薬以外にも禁忌のものがあります。
一部の症例では、ザクロを普段から引用している方は、バイアグラとの併用は禁忌になります。
これは、ザクロがバイアグラの効能を極端に高めてしまい、勃起持続症になります。
この症状は、強い勃起状態が長時間継続します。
この状態になった場合、病院で陰茎のうっ血した血液を注射で抜くなどの処置が必要となります。
極めて怖い症状なので、日常的に精力増進のためザクロを食べたり、ザクロジュースを飲用している方は厳重な注意が必要です。

このように、注意事項もある薬ですが、その効き目は極めて高く、勃起改善薬の代表格として有名です。
正しく服用することで、適切な効果を期待することができます。
副作用としては、服用後の鼻づまりや顔がほてるなどの症状があります。
あまりに副作用が酷いときには、服用を中止したほうが良いです。
特に、心臓の疾患がある方は服用するにあたっては、病院の医師などに相談したほうが無難です。
単に勃起改善薬といいましても、薬理作用のために思わぬ副作用がでることがありますので、医師との相談や、少量からの服用が安全です。

なぜ併用禁止になったの?

今では有名な勃起改善薬でありますが、もともとの効能ではなかったわけです。
勃起改善作用は、新薬開発の過程で治験を行った際に、偶然によって発見されたものです。
バイアグラが、心臓疾患の薬との併用禁止となったのは、もともとが心臓疾患の薬だからです。
ファイザー製薬が心臓病の薬として、治験を行った際に発見されました。
治験が終了したにもかかわらず、患者さんが治験薬を求めたことが原因です。
患者さんが体験した症例は、治験薬を飲んだ後に勃起が正常になったことなどがあります。

このような理由から、治験が終了したにもかかわらず、薬を欲しがったわけです。
最初は、勃起が改善されたことは患者さんが言わなかったため、研究員が詳細に調査したところ、実は勃起が改善され、若いときと同じように性生活を送ることができるようになったという事実が分かりました。
そのことが、新薬である勃起改善薬の発見につながりました。
このようなことから、もともとは心臓の薬であり、心臓疾患の薬を服用している人が、さらにバイアグラを服用すると、二重に心臓疾患薬を飲むことになります。
このことで、心臓に無理な負荷を与えたり、異常な作用機序が発生することがあります。
そのことから心臓疾患薬との併用は禁止になりました。