バイアグラにはジェネリックがあります!全く同じ成分が含まれているので効果に関する心配はありませんし価格も半分以下で購入できます!ですが副作用なども当然ありますので、使用上の注意などを含めた紹介をこちらでしています。

バイアグラの効果を最大限にする飲み方

ED治療薬の飲み方バイアグラはED治療薬の中でも抜群の信頼性を誇ります。
今現在では他系統のED治療薬が多数販売されていますが、依然としてパイオニア的存在であるバイアグラは絶大な人気を支持を集めており、日本人ユーザーも好んでその医薬品を選択しています。

バイアグラは服用後、短時間で男性の減衰した男性機能を回復します。
服用後、30分から60分の間に勃起の準備を整えてくれます。勃起の障害となる酵素の働きを、バイアグラの主成分が効率よく撃退します。
血液が性的欲求によって下半身へと流れ込みやすくし、勃起しやすいコンディションを医学的に生み出します。

バイアグラによって得られる勃起力はとても強力です。亀頭はみなぎる硬さを得られます。
セックスの山場で突然勃起力が低下する、いわゆる中折れの予防効果も得られます。
更にペニスへ十分な血液が流れ込むため、ペニスサイズが普段よりも非常に大きく、また太く逞しくなる効果も得られます。

バイアグラは優れたED治療薬ですが、効果を最大限まで引き出すためにはいくつかの決まりごとを守らなければいけません。
まず飲み方として大事なのが食前を狙って服用する事です。食後にバイアグラを飲むと胃の中で、食事と医薬品の成分が混じり合い、正しく勃起支援の効果が出なくなります。

朝ごはんや夕ご飯を食べる約1時間から2時間前頃がベストです。
特に同じ食前でも空腹を強く実感しているタイミングに服用すれば、胃の吸収力が上がっているため、より正しい飲み方となります。
吸収力が上がった状態でバイアグラを服用すれば、より短時間で強力な勃起力を得られます。服用後、出来る限りスピーディにセックスをしたい男性はその飲み方を基本にしましょう。

食前に加えて飲酒前、これも意識したいところです。
アルコールの成分が体内にある状態でバイアグラを摂取すると、同じく効果が正しく発揮されません。
アルコールの摂取はバイアグラの服用を済ませてから、更に出来る限り少量を嗜む程度に留めた方がお薬の勃起支援の効果を正しく引き出せます。
少量であれば精神的なリラックス効果が高まり、バイアグラの効果がより円滑に発揮されます。

また服用するタイミングですが、セックスを行う時間帯の約1時間前がベストです。
可能であれば食事の時間なども、服用タイミングに合致するように変更しましょう。
強力なED治療薬は本当にスピーディに男性の勃起力を引き上げてくれますので、なるべくセックスの直前に服用しましょう。
数時間前から飲んで備える、という使い方よりもセックスが確実に出来る夜、直前に飲むのがオススメです。

性的な欲求がないと勃起はしません

男性のペニスを逞しく短時間で勃起させるバイアグラですが、性的欲求が無い限り、勝手にペニスが起き上がる事はありません。
しばしばこの点を勘違いされる方々がいますが、バイアグラを服用すれば自動的にペニスが勃起して、なおかつ脳が興奮して性欲が無くてもセックスがしたくなる、という効果は備わっていません。

男性本人にまるで性的欲求が無いタイミングで服用しても、お薬の効果は正しく発現しませんので要注意です。
また服用を済ませ、主成分が身体に取り込まれる時間帯を過ぎても、いわゆる性的欲求を高める行為をしなければ、バイアグラの効果は表面化しません。

バイアグラの効果はあくまで勃起の障害である酵素の働きを阻害し、健全な勃起を強く促すものです。
その性的欲求を高める刺激、具体的にはペッティングやキス、あるいは性的な映像といった刺激が無い限り、自動的にペニスが時間経過で起ち上がる事はありませんので、服用を済ませた後は意識して脳やペニスに刺激を与える必要があります。

また性的欲求がない限り、本人の意思とは別に勃起する事はありませんので、服用を済ませた後も、ごく普通に作業をしたり、立ち歩く事は十分可能です。
人前で無意識にペニスが勃起していて恥ずかしい思いをする、こういったリスクは基本的にありません。